『大崎タイムス』にて、湯治ワーケーションに関する取り組みを取材いただきました

2020年10月13日付『大崎タイムス』にて、環境省のモデル調査事業として宮城県大崎市の東鳴子温泉郷で実施中の、湯治ワーケーションに関する取り組みを取材いただきました。

今回の取り組みは、温泉地および周辺地域資源の新たな利活用を目的とした「新・湯治」の一環として、日本テレワーク協会が事業主体となり、温泉地でのワーケーションが、仕事の生産性と心身の健康状態にどのような影響を与えるかを検証するもので、Zooops Japanが被験者、北里大大学院医療系研究科が被験者の心身状態を科学的に測定・評価する研究機関として協力いたしました。

本実験では、20代の社員6名が二組に分かれ、東京・秋葉原のオフィスと宮城・東鳴子温泉郷でそれぞれ2日間決められた作業を行った後、後日場所を入れ替えて同様の作業を行い、生産性と成果物の質、心身状態の変化などの比較を行います。

現在、下記のWebサイトで記事の抜粋を公開中(期間限定)ですので、ぜひご覧ください。

▼大崎タイムス
「『新・湯治』の効果検証」(外部サイトへリンクします)

大崎タイムス 湯治ワーケーション記事写真

ワーケーション関連記事

これまでに弊社が行った「ワーケーション」の取り組みをご覧いただけます。
Zooops Japan Blog
家族5人で「ワーケーション」を実体験! in 北海道オホーツク編
東京の中小企業が「テレワーク・デイズ2018」を実施してわかったこと(後編)

お知らせ
『デジタル毎日』にて「親子ワーケーション」に関する記事を掲載いただきました【関連イベントあり】
『毎日新聞(2019年4月10日付)』にて、弊社代表・渡部のワーケーションに関するコメントを掲載いただきました
> 4/25(木)NHK北海道にて、ワーケーションに関する特集が放映されました